FC2ブログ
2016/04/02

シャイなネコちゃんたち

怖がりネコちゃんたちでお客さんがいる時にはいつもどこかに隠れてしまうそうだ。そんなわけで一緒には遊べないだろうと思っていたが、二人ともよく私に付き合ってくれた。
ユキちゃん目を細めて


 ずっと奥に隠れていたユキちゃんも、後半になると自分から近付いてくれるようになった。

 「私も遊ぶわよ~」





レイ君おもちゃを静観


 初日からよく遊んでくれたレイ君。

 「次の動きは何だ!?」






にほんブログ村
2016/04/02

好奇心旺盛なレイ君

レイ君はおもちゃが大好き。
レイ君敷物に夢中


 おもちゃを敷物の下で動かすと何かいると思って夢中になってくれる。

 「おお!いったい何がいるんだ~!!」






レイ君段ボールの上で


 ユキちゃんと遊んでいるのを段ボールの上から達観したように見ている。

 「何してるのかな~」






にほんブログ村
2016/12/31

2回目の奥手コンビ

今回はなぜか奥手のゆきちゃんがたくさん遊んでくれた。カメラが嫌いなレイ君の写真は今回はない。



 

 おもちゃが大好き。
 「あー、なかなかつかめない。」







 
  動きがすばやくてこんな写真が・・・
 「ん~、やっぱりつかめない・・」








 
  じっとしてるとちゃんと撮れる。
 「ちょっと遊び疲れたかしら」



2017/01/19

奥手のゆきちゃんが積極的に

あまり動じないレイ君と引っ込み思案なゆきちゃん。馴れてくるとゆきちゃんのほうが積極的になる。レイ君はカメラを向けるとどこかへ行ってしまうので、今回はゆきちゃんだけの登場。



 

 最初は遠巻きに見ているゆきちゃん。
 「あ、この人見たことある」







 
 お気に入りのキャットタワーの上で遊んでいると次第に馴れてきて。
 「もっと遊んで~」








 
  私が床に据わると早速やって来てごろーん。
 「あそぼー、あそぼー」



2017/09/16

おっとりコンビ

すっかり馴染みになった二人組み。



 レイ君がいつもの場所でお出迎え。
 「いらっしゃ~い」









 
  
  レイ君はひも状のものが逃げていくのがとても気になる。
 「動いてる、動いてる。どこ行くの~」







 
  今度は太い紐で。
 「逃げていく~」








 
  ゆきちゃんが物置に潜んで。
 「ここも結構居心地いいわ」








 
  ゆきちゃんはいきなりごろ~んとして出迎えてくれる。
 「あそぼーよー」








 
  ウェットフードが大好きなゆきちゃんはすぐに食べ始める。
 「おいちーわー」








 
  おなじみのごろんポーズ。
 「なでなでがいいなー」








 
 遊ぶときしか近づかないレイ君のアップ。
 「早くおもちゃ動かしてよ!」








 
  珍しい二人のふれあいタイム。
 「ねえねえ、もっと遊びたいね」








 
  レイ君がお気に入りの段ボール箱の上に。
 「ねえねえ、私も乗りたい」








 
  お気に入りのタワーで。
 「何か用かい?」








 
  私のメガネ入れをじっくりとチェック。
 「ん?これは何だ?」








 
  おなじみのごろにゃんポーズ。
 「あそぼー、あそぼー」








 
  なでなでも大好き。
 「気持ちい~にゃん」








 
  ウェットフードはみんな大好き。
 「僕も食べよ」








 
  遊びながらもやっぱりごろ~ん。
 「つかまえた~」



2017/10/13

れいくんとゆきちゃん再び

またまた登場。二人の表情もだんだんくつろいで行く。



 珍しく二人のコミュニケーションを見せてくれた。
 「ねえねえ、あそぼーよー」












 私のジャケットを使っておもちゃを出したり引っ込めたり。
 「どこから出てくるかな~?」












 ウェットフードを入れると早速ゆきちゃんがやってくる。
 「これが大好きなのね~♪」












 日誌を書いていると。
 「かまってかまって~、ごろにゃ~ん」









 おもちゃをじっと見つめるレイ君。
 「逃げていく、逃げていくー」












 寝場所で身づくろい。
 「ちょっと退屈かしら。ペロペロ」












 ゆきちゃんの歓迎ポーズ。
 「いらっしゃ~い、ごろにゃ~ん」












 ブラシのようでおもちゃのようで。いまだに使い方がわからないが、二人とも大好きなのだ。
 「結構お気に入りだにゃん」












 私のパーカーを使って。
 「あ、隠れちゃった!!」












 レイ君がおもちゃで遊んでいる向こうでゆきちゃんが見ている。
 「たのしーなー」
 「おもしろそーだなー」











 窓を開けて換気すると二人とも窓際に来て外の風に当たる。
 「気持ちいいー」










2017/12/04

マイペースなレイ君とゆきちゃん

二人にとっても私はすっかりおなじみさんになった。



 遊びは大好きだが、ちょっとクールなレイ君。
 「よお、また来たな」












 
  
  二人ともウェットフードが大好き。お皿に入れると早速やってくる。
 「待っていたのよ~。ペロペロ」










 
  ゆきちゃんの歓迎ごろにゃん。
 「いらっしゃ~い。ごろごろ~ん」











 
  座椅子を使って。
 「あ、こっちだ。あ、あっちだ。ん~、どっちだー?」












 
  レイのブラシつきの物体を使って。
 「ん?なんかちがくない?」
 










 
  すっかり恒例になった。
 「いらっしゃ~い、ごろにゃ~ん」











 
  寝転がったまま手を出す。
 「なんか違うけど、ま、いいか・・・」











 
 レイ君は寝転がって静観。
 「使い方、ちがくない?」
 










 
  
 「蛇みたいに動いているにゃ」











 
  
 「捕まえたにゃ」











 
  レイ君はこのおもちゃが大好き。
 「逃げていく、逃げていく・・・」











 
  
 「ちょっと触ってみよー」











 
  窓を開けて換気。
 「外の風が気持ちいいにゃ~」











 
  
 「今度は私の番にゃ~」











 
  ご飯を食べて満足げ。
 「お腹いっぱいになったし、あそぼー」











 
  レイ君はやっぱり寝転がったまま。
 「また来てね~」